本日の定点観測

エウレカ
49話と50話の一時間スペシャル。ホランドとデューイの兄弟決着から全ての結末まで。結局、「部分部分では光る所もあったけど、全体では…」という印象はこの最後の最後までぬぐえませんでした。「かっこいい大人」といえばじっちゃんことアクセル・サーストンとせいぜいイズモの艦長くらいで、あとは「レントンが乗り越えるべき大人たち」という感じがしない。周りの大人たちが大きくて強い程少年が乗り越えた時のカタルシスがあると思うのですが。
結局酷評する程でもないですが「ありがち」な感じで終わってしまって、少し消化不良な感じがします。出だしが良かっただけに、途中の「間延び」した「薄い」話と必要以上の暗い展開を整理して、 2クールくらいでまとめておけばな、という思いを持ってしまいました。
気が向いたらもう一度観てみて再評価するかもしれませんが、惜しい作品でした。

ボウケンジャー
レッドの好きな小説家の新作に描かれた通りに起こる事件。疑惑を持つレッドは作家の下に赴くが、という感じで割とミーハーなレッドな話。しかし作家と言うのはネタ探すのも大変なのだな、という感じでありました。

「カブト」
ザビーゼクターに選ばれて浮かれまくる加賀美に届いたのはカブト抹殺指令。それに苦悩する加賀美とそれに対する天道の話。前回一気に堕ちるところまで堕ちた矢車は今回かなり株を上げたというか戻して、自分の欠点を認めて去っていったので、また復帰もあるのかも。そして加賀美も自分で答えを見つけたようで、結局ザビーとしての活躍は二話限り(現時点)でしたが、あそこまで露骨に組織に反抗したらこれから大変そう。そうこうしてたら今度はトンボがでてきて三人目出てくるの早いな、と。